トレーニングギア

トレーニンググローブの選び方・オススメの商品を紹介!

ダンベルやバーベルを使ったトレーニングをすると、プレートの重量とグリップ部分の摩擦により握る手に大きな負担がかかります。

この負担により手にマメができてしまい痛みを感じてしまう可能性があり、トレーニングのパフォーマンスを低下させてしまうため、手を保護するトレーニンググローブの使用が推奨されます。

今回の記事ではトレーニンググローブ選びのポイントの解説やオススメ商品のピックアップをしていきますので、トレーニンググローブを購入する際の参考にしていただけたらと思います。

haraheri

手のひらを痛めるとせっかくのトレーニングも継続するのが難しくなるから、初心者でもトレーニンググローブの重要性は意識して欲しい!

トレーニンググローブを選ぶ際の注意点

自身の手に合うサイズであるか確認する

一般的な衣類と同じように、トレーニンググローブもS・M・Lといった複数サイズの商品が展開されています。

トレーニンググローブのサイズが小さすぎるとそもそも手や指が入らなかったり、大きすぎるとバーベルやダンベルを握った時にグローブがズレてしまい、トレーニングのパフォーマンスが落ちてしまう原因となります。

必ず購入する前に自身の手のサイズを測り、購入するトレーニンググローブのサイズと合っているかを必ず確認するようにしましょう。

手首を保護するリストラップが付いているか?

トレーニンググローブは手のひらを摩擦などの刺激から保護することが一番の目的となるアイテムですが、手首を固定して反り返しなどによるケガを防ぐためのリストラップが付いているものがあります。

安全なトレーニングをするためにもリストラップは必要となりますので、トレーニンググローブとリストラップは別々で使いたいといったこだわりが無ければ、リストラップ付きのトレーニンググローブを選ぶことをオススメします。

haraheri

手首はどんなムキムキマッチョになってもケガをしやすい部分、とりあえず悩んだらある程度太さや長さのあるリストラップの付いたものを選んでおけば間違いなくトレーニングの安全性を上げられるぞ!

トレーニンググローブの素材や強度を確認する

ダンベルやバーベルなどを取り扱うと、トレーニンググローブの表面に対して強い摩擦がかかるため、強度の弱い素材のグローブを使うとすぐに表面がボロボロになったり、縫い目の近くが破れてしまいます。

基本的にはトレーニンググローブは消耗品であるため、「安価な商品を使用し、壊れたら買い換える」というスタイルでも問題ありませんが、トレーニンググローブを手に馴染ませて長く使用したいのであれば革製の強度の高いトレーニンググローブを選ぶこともオススメとなります。

また、素材の種類だけでは強度を完全把握するのは難しいので、実際に使用した方のレビューを参考にすることも大切です。

haraheri

トレーニンググローブは使っているかいないかだけで全然違うから、初心者のうちは壊れても買い換えやすいグローブを選んでとりあえず使ってみて、使い込んでトレーニンググローブに求める自分のこだわりが見えてきたタイミングで高品質の良いものに買い替えるのが一番理想的だよ!

オススメのトレーニンググローブを紹介

コストパフォーマンス重視のおすすめトレーニンググローブ

GW SPORTS トレーニンググローブ

初心者を含めた多くの方にオススメとなるトレーニンググローブがGW SPORTSのトレーニンググローブになります。

GW SPORTSのトレーニンググローブは非常に売れている商品の1つであり、安価ながらも十分なスペックを持っているため、初めてトレーニンググローブを買う方にもオススメしやすい商品となっています。

トレーニンググローブの手のひらの部分は十分に手を保護できる素材でかつ、滑り止めの加工がされており、手首の部分についているリストラップも幅4.5cm・長さ29.5cmと手首を十分に保護できるサイズであるため、着用することでトレーニングの安全性を向上させることが可能です。

また、このトレーニンググローブは洗濯することも可能であるため、メンテナンス性にも優れています。

ALLOUT トレーニンググローブ

ALLOUTのトレーニンググローブも多くの方にオススメすることができる商品になります。

前述のGWSPORTSのトレーニンググローブと比較すると、リストラップが20cmとやや短くなっている点と、指の部分にグローブを外すときにつまむことができるポケットが付いている点が異なっています。

これらの点より、トレーニンググローブの脱着をよりスムーズに行いたい方にはALLOUTのトレーニンググローブの方が使い勝手が良いと言えます。

FREETOOトレーニンググローブ

リストラップが付いていないトレーニンググローブが欲しい方であればFREETOOのトレーニンググローブがオススメとなります。

リストラップの付いているトレーニンググローブと比べて手首の可動域が広くなるため、低負荷で動きのあるトレーニングやスポーツを中心に行う人であれば購入の候補となります。

haraheri

性能面を良く考慮して選ぶのはもちろんだけど、本当に悩んだらビジュアルが好みかという基準で選ぶのもダメではないよ、好きなデザインのグローブを身に付けてトレーニングしたらテンションも上がるし!

クオリティ重視のおすすめトレーニンググローブ

ゴールドジム(GOLD`S GYM) EXレザーグローブ

クオリティの高いトレーニンググローブを探している方には、世界最大級のフィットネスクラブであるゴールドジムのEXレザーグローブがオススメとなります。

特徴としては、軽くて丈夫な山羊革(ゴートレザー)が使われているため耐久性が高く、使えば使うほど手に馴染むため、長く使用したい方にとっては非常に嬉しい仕様となっております。

ただし、革製であるため洗濯ができない点と、リストラップは付属していないという点には注意が必要です。

アンダーアーマー UAウエイトリフティング グローブ

アンダーアーマーのUAウエイトリフティンググローブも高品質なトレーニンググローブを探している方にオススメな商品となります。

グローブの素材には「やぎ革」が使用されており、前述のゴールドジムのグローブと同じように耐久性が高くなっております。

アンダーアーマーのグローブは手首にリストラップが付属している点がゴールドジムのグローブと明確に違うため、リストラップが欲しい人が優先して選商品であると言えます。

Schiek リストラップ トレーニンググローブ No.540

世界中でトレーニングギアを販売している海外メーカーであるSchiek(シーク)のトレーニンググローブNo.540もオススメのトレーニンググローブとなります。

ボディビルダーやアスリートをターゲットにしており、高価格帯のグローブの中でも比較的厚みがあり耐久性が高く、リストラップも太く丈夫であるため、ハードなウエイトトレーニングをされる方には非常にオススメできるトレーニンググローブであると言えます。

また、素材が合成皮革であるため洗濯ができるという点もメリットとなります。

トレーニンググローブと合わせて知っておきたいアイテム

リストラップ

すでに付属しているトレーニンググローブもありますが、無い場合は手首を保護するリストラップも合わせて購入することがオススメとなります。

リストストラップ

名前は似ていますが、手首を保護するリストラップとは別物で、ダンベルやバーベルに巻き付けて握力を補助するリストストラップもオススメのアイテムとなります。

リストラップ付きのトレーニンググローブと合わせて使用すればストラップの食い込みによる痛みを防ぐことができるため、トレーニングの質の向上のためにもセットで導入することをオススメします。

トレーニングベルト

重量のあるダンベルやバーベルを扱う際には、トレーニンググローブだけでなくトレーニングベルトも使用をオススメしたいアイテムとなります。

トレーニングベルトは腰に強く巻くことで腹圧を上げて体幹部を補強し、けがを防止したりトレーニングのパフォーマンスを上げることができるため、本格的なトレーニングをしていきたい方は要チェックといえます。

-トレーニングギア